女性なら誰もが気になる肌のしわ。特に年齢も出やすい目の下のしわは気になる方も多いのでは?しわを改善のためのケアだけでなく、美肌になりたい方は知っておきたい食事などについても見ていきましょう。

目の周りは皮膚が薄い顔の中でも特に皮膚が薄くなっています。だから、目の周りは肌トラブルがとても起こりやすいのです。
目の下にしわができやすいのもそうです。皮膚が薄いために、とても乾燥しやすいために、乾燥によるしわができやすいです。
若い時は、あまり乾燥していないので目の下も健康的ですが、加齢とともに乾燥がひどくなるのでどうしてもしわが目立つようになります。

若くても目の下や目元などにしわができることもあります。人によって皮膚の状態が違います。
また、表情が豊かな人かそうでないかによっても変わります。かなり肌は個人差がありますので、年齢だけが原因とは言い切れません。
しかし、対策を講じていればいつまでも若々しく見られるので、原因と対策を頭に入れましょう。

目の下にしわができる原因とは

目の下のシワが気になる女性

目の下にしわができる主な原因は、やはり皮膚が薄いことによる乾燥です。
皮膚が薄いので、肌の水分が蒸発しやすいので、避けては通れないことです。
加齢とともにどんどん乾燥が進んでしまいますから、若いころは目元のことを全く考えなくても大丈夫だった人も年齢を重ねていくうちに気になることもあります。

ただし、これだけが原因というわけではありません。他にも原因はあります。
ハリがないと目の下にしわができます。これは、乾燥よりも深いしわとなってしまうので、こちらのほうがより深刻と思ったほうが良いです。
ハリの低下は、乾燥も原因の一つです。他にも、目の下の筋力が低下していることも考えられます。
加齢によって体の筋肉が衰えるように、顔の筋肉も衰えてしまいます。

顔には表情筋がありますが、表情があまり豊かではない人は、表情筋が衰えやすいです。
芸能人が年齢を重ねても若々しくいられるのは、表情が豊かなことも考えられます。

筋力の低下が一度起こってしまうと、回復させることがとても難しいです。
加齢によるものだから仕方がないとあきらめてしまう人もいますが、回復できないわけではありません。
筋力の低下を防いだり、一度低下した筋力はあげることもできます。だから、あきらめる必要はありません。

しわができることを嫌がって笑わないようにしていませんか。笑うと顔にある表情筋をたくさん使います。
だから、目の下にしわができるのが嫌だからと言って笑わないことはよくありません。
むしろ、たくさん笑ってしわが目立つくらいのほうがかえって表情筋を鍛えられるので、長い目で見ればアンチエイジング効果が得られます。

ただし、目の下をこするのはよくないので気を付けてください。
花粉症の人は、あまりにも強いかゆみに襲われることがありので、目の下をこすっていませんか。
また、眠い時やかゆい時にこすってしまいがちですが、目元への負担が大きいのでやめましょう。
実は、目の下をこするとしわの原因となります。目元の皮膚はとても薄いので、デリケートです。
デリケートな部分に大きな負担をかけないように気を付けましょう。

乾燥とハリが主な原因

大きく分けて、目の下のしわは乾燥とハリがなくなったことが原因です。
年齢を重ねてもハリは取り戻せます。どちらのほうが深刻化と言えば、どうしてもハリの低下となってしまいます。年齢による影響もあります。

生まれつき、人一倍、皮膚が乾燥している人もいれば、ハリが人一倍、少ない人もいます。だから、若くても目の下が老けた印象の人も少なくありません。
皮膚が人一倍、薄い人もおり、やはり、目元が若い時から気になっている人はいます。

目の下にしわがあると、目つきが悪く見えませんか。
昔から、目つきが悪いと言われていた人もいますが、加齢とともに目つきが悪くなったと感じる人もいます。
特に、ハリ低下が原因の深いしわのほうが印象が下がるでしょう。
すでに、目元がデリケートなことはわかっていますし、まだ、目の下に年齢を感じていない人は、乾燥やハリ低下しないように予防しましょう。
予防すれば、簡単には目の下にしわができなくなるからです。若いうちから気にかけておくと良いでしょう。

目の下の状態があまり良くない人は、自分の皮膚の状態を考えてみてください。
正確に自分の皮膚の状態を把握して、どんな対策をすれば良いのかを冷静に判断してください。
正しく判断できれば、最善策を選ぶことができるので、一度は目の下にしわができても改善できます。

自力でいろいろな対策を講じたけれど、うまくいかなかった人は、判断に間違いがあったかもしれません。
もう一度、よく考えてみてください。また、正しい対処法を行いましょう。
判/断が良くても、対策に問題があるとうまくいかなくなってしまうので、正確な情報を入手して、正確に対処しなくてはなりません。

目元は顔の中でも特に年齢が出やすい部位

顏に手を当てる女性

目元は特に年齢が出やすいと思いませんか。多くの人が、顔だけはケアをしています。
なぜなら、顔はケアをしないといろいろなトラブルが起こるからです。腕や足は何もしなくてもトラブルがないのに、おかしいと思いませんか。
顔は、全身の中でも皮膚がとても薄い場所だから、ケアをしないとトラブルを招いてしまいます。
顔の中でも最も皮膚が薄いのが目元です。口の周りも薄いので、目元と口元にトラブルが起こりやすいです。

目の下の皮膚を触ってみると、他の場所よりも柔らかく感じませんか。すぐに、しわがよってしまうでしょう。それだけ、皮膚が薄いからです。
皮膚が厚い場所は、ここまで柔らかくは感じませんし、簡単にしわがよったりもしません。

体の中でも皮膚が硬い場所と目元を比べると一目瞭然です。だから、年齢が出やすいので、普段から気を付けて生活しましょう。
遠慮しないで目の周りの筋肉をたくさん動かすくらいのほうが良いかもしれません。

目に良くない習慣とは

目を酷使していると思っていませんか。スマホが手放せない人がとても多くなりました。
スマホに限ったことではありませんが、目を酷使することは、決して良いことではありません。

パソコンやタブレットなどのディスプレイからは、目に悪いと言われているブルーライトが出ています。
目に大きな負担となってしまう光です。この光を長時間見続けてしまうと、目がとても疲れてしまいます。

目が疲れる原因は他にもあります。スマホなどを使っている時は、まばたきが少なくなります。
人は、集中している時にまばたきの回数が大きく減るので、目が乾燥してしまいます。涙が少なくなると、ドライアイになってしまいます。
ドライアイも目元の年齢が出やすい原因の一つです。ドライアイではなくても、目を酷使すれば、それがわかりやすい形で出てきてしまいます。

夜更かししてしまう人がとても多いです。しかし、夜更かしも良いことではありません。
眼球自体が疲労してしまいますから、これも目元にしわを作る原因となります。

デスクワークの人が多いですが、デスクワークをしていると、パソコンを長時間使い続けますし、同じ姿勢でいる時間も長いので、余計に目元のしわが気になってしまいます。
血行不良も目元に影響が出るので要注意です。血行が悪くなれば、目の周りに必要な栄養が届かなくなりますから、ますます目の下のしわが目立つようになります。
デスクワークと言えども、長時間同じ姿勢でいるのではなく、体を定期的に動かすなどしたほうが良いでしょう。

単に、目の周りの皮膚が薄いから年齢が出やすいというわけではありません。
これだけいろいろな原因がありますから、目元は顔の中でも最も年齢が出やすいと言っても過言ではありません。
もちろん、皮膚の薄さは見逃せません。頬の皮膚は2.4ミリあるのに対し、まぶたは0.8ミリしかありません。
また、目元は1.2ミリ、目尻は1.4ミリです。目の周りは、全体的にこれだけ皮膚が薄いことを覚えておけば、まぶたをこすろうとも思わなくなるでしょう。
ひふが薄い上に、皮脂腺もとても少ないないのでものすごく乾燥します。だから、ハリも弾力も保ちにくいですし、水分保持能力がとても低いです。
顔の中の一部だと思っており、頬と大して変わらないと思っていませんか。勘違いしたままでは、ずっと目の周りにしわができ続けるかもしれません。

これだけもともとデリケートな場所な上に、どうしても生活している上で、目は酷使されてしまいます。
目をいたわることも大事です。年齢が出やすい部位だからこそ、常に気を配りましょう。そうすれば、目元になるべく年齢を感じないように予防できます。
意識していないとなかなか難しいので、いつも目元は年齢が出やすいんだと頭に入れて、あまり目を酷使しないようにしたり、自分なりにできることをしましょう。

まぶたのストレッチで目元のしわが改善される

まぶたのストレッチをする女性

デリケートなまぶたですが、ストレッチしてみませんか。皮膚が薄い場所ですから、本当にやって良いのかどうか不安になるかもしれません。
しかし、正しい方法で行えば決して問題はありません。しかも、目元のしわが改善されますので、すでに気になっている人も、そうでない人もやってみてください。

目元のストレッチ

  1. 目をグーパーしてみましょう。
  2. 目をしっかりとつむる状態をグー、目をしっかりと見開いた状態をパーと思ってください。
  3. 軽く目をつむるのではなく、しっかりとまぶたに力を入れてつむることがポイントです。
  4. その後、目をまん丸くするくらいに大きく開いてください。8秒ずつ行いましょう。
  5. このストレッチを5セット行ってみてください。
  6. 最後に目を開くことがポイントです。目をつむって開くと覚えましょう。
    力いっぱいに目をつむっていた状態から、力を抜いてストレッチするとしわ改善効果が期待できます。

眉毛のストレッチ

  1. ゆっくりと目を閉じて眉毛を上げてください。この状態を8秒間キープします。
  2. そして、ゆっくりと元の状態に戻してください。ゆっくり動かすことがポイントです。
  3. 目の周りがしっかりとストレッチされるのがわかるでしょう。5セット行ってみてください。

口元のストレッチ

  1. 今度は、口を軽く開けて鼻の下を伸ばした状態で、上を見てください。斜め上を見て白目にします。
  2. 白目が苦手な人もなるべく白めになるようにしましょう。この状態で8秒間キープします。
  3. そして、今度はまぶしい時のように目を細めてください。口と鼻の下はそのままの状態です。この状態で8秒間キープします。
  4. そして、ゆっくりと元に戻しましょう。これを5セット行ってください。

上まぶたと目の下側を鍛えるストレッチ

  1. 顔を上げてください。この状態で目は下を向きます。
  2. 上まぶたをなるべく下げるように意識してください。そして、ゆっくりと3回まばたきします。
  3. 今度は、顎を引いて目は上を向きます。
  4. 目の下の筋肉を伸ばすことを意識して、ゆっくりと3回まばたきしましょう。

眼輪筋を鍛えるストレッチ

  1. 目の周りの凝り固まっている筋肉をほぐしましょう。
  2. 正面を向いた状態で、人差し指で眉毛の中央を抑えます。親指で目の下の中央を抑えましょう。
  3. そして、ゆっくりと目を閉じてください。
  4. 薄めの状態で5秒間キープしましょう。
  5. それから、目を離してください。

まぶたのストレッチはいくつも種類があります。
全部を頑張ってやって、早く目元のしわを改善したいと思うかもしれません。
確かに、これらのストレッチには目元のしわを改善する効果がとても期待されます。

しかし、やりすぎは禁物です。
目の周りはとてもデリケートですから、あまりやりすぎてしまうと、かえってしわが悪化する恐れもあるので、ほどほどが一番です。

1日に1回だけでも良いでしょう。毎日、全部をこなすのではなく、今日はこれをやり、明日は違うストレッチを行うくらいでも構いません。
頑張り過ぎないようにセーブしながら行うほうが良いです。
スケジュール帳に何をやるかをあらかじめ書いておいて、それをこなすというのも良いかもしれません。

まぶたのストレッチはどれもとても簡単にできます。
ちょっとした時間にできるので、3日坊主になりがちな人も忘れずに続けられるのではないでしょうか。
朝のスキンケアの時や夜のスキンケアの時、テレビを見ている時など好きな時間にちょっとだけやってみてください。

特に、夜に行うと良いでしょう。
1日中、酷使し続けていた目をいたわるつもりで行うと、眼精疲労対策にもなるので、単にしわを改善するだけではなく、目が楽になるかもしれません。
常に目に違和感があるくらいの眼精疲労で悩まされている人なら、夜がおすすめです。
コツコツとあまり頑張り過ぎない程度にまぶたのストレッチを行って目元を若返らせましょう。