女性なら誰もが気になる肌のしわ。特に年齢も出やすい目の下のしわは気になる方も多いのでは?しわを改善のためのケアだけでなく、美肌になりたい方は知っておきたい食事などについても見ていきましょう。

目元も徹底的な紫外線対策でしわを防ぐ

目元は顔の中でも特に皮膚が薄いデリケートな部位のため、加齢トラブルから肌を守るためにもしっかり紫外線対策を行う必要があります。
特に彫りの深い外国人に比べて日本人は平坦な顔をしているので1.66倍の紫外線が目元にあたってしまっていると言われています。

皮膚に紫外線があたると皮膚内の真皮層や基底層にダメージを与えてしまう危険があり、肌のハリや弾力が失われやすくなります。
健康な肌を維持する為に必要とされている新陳代謝を遅らせてしまう原因となり、目元の老化が進行することでしわやたるみをはじめ、しみやそばかすなどのメラニントラブルなども起こりやすくなってしまいます。
そのため目元のしわやたるみを作らないためにも普段から日焼け止めなどを利用して紫外線防止を行ったり、サングラスなどUVカット加工がされている物を利用することが大切です。

日傘で直接的な紫外線から目元を守るようにするだけでも様々な方面から浴びてしまう紫外線から目元を守ることが出来ます。
肌に直接日焼け止めを塗り、紫外線対策を行う場合には日焼け止めを二時間に一度のペースで塗り直しを行う必要があります。
日焼け止めにも肌に負担がかかりにくい敏感肌用の低刺激タイプなどが販売されていたり、汗や水にも強いウォータープルーフタイプなど肌質に合わせて選ぶことが出来るようになっています。

目元は皮膚が薄く、普通の肌質の方でもダメージを受けやすいデリケートな部位です。
肌に負担をかけたくないという方はアルコールやエタノールなどが配合されていない低刺激の日焼け止めを塗り、更にサングラスや日傘を併用がおすすめです。
刺激の強い日焼け止めを塗らなくても紫外線から肌を守ることが出来るようになりますので、日焼けや加齢トラブル防止ケアを簡単に行うことが出来ます。
肌の弱い方は紫外線からのダメージも通常よりも受けやすくなるため、夏場など紫外線量が強くなる時期はしっかり対策を行う必要があります。

使ってほしいおすすめ紫外線対策グッズ

目元のしわを防ぐ為に必要になってくる紫外線対策グッズが、目元にも使用することが出来る低刺激タイプの日焼け止めクリームやジェルの利用です。
ただ目元のしわやたるみは、直接浴びる紫外線だけが原因ではなく瞳からも紫外線は体の中に入り込んでしまいます。
これにより加齢トラブルを促進させてしまう危険があるため、瞳自体も紫外線対策をしっかり行うことが重要になってきます。
そこで便利になってくるのがUVカットが行えるサングラスの使用です。

暗めのサングラスは使用するのに抵抗があるという方も多いでしょう。
最近では通常のクリアタイプの眼鏡でもUVカットが行える製品が販売されるようになってきているため、用途に合わせて使い分けるようにすることをおすすめします。

紫外線は上から直接照射されているだけではなく、地面がアスファルトの場合反射されて下からも紫外線を浴びてしまう悪循環となってしまいます。
そのためいくらサングラスやつばの広い帽子、日傘などを利用しても、あらゆる方向から紫外線が照射されてしまうと瞳や肌を守ることができなくなってしまいます。
外出する際には以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 外出する際には必ず肌には日焼け止めを塗る
  • 側面や下からの紫外線からも肌をしっかり保護
  • 瞳にはUVケアが行えるコンタクトレンズを併用

最近ではカラコンなど瞳を大きく見せるファッションアイテムにも、UVカット効果のあるレンズが販売されるようになっています。
瞳を大きく見せる美容効果を得ながらUVカットも行える事から若い女性を中心にUVカットカラコンを利用する方が増えてきています。