女性なら誰もが気になる肌のしわ。特に年齢も出やすい目の下のしわは気になる方も多いのでは?しわを改善のためのケアだけでなく、美肌になりたい方は知っておきたい食事などについても見ていきましょう。

目の下のしわやクマやメイクで隠そう

目の下にクマやしわが出来てしまうと、疲れている印象を与えたり実際の年齢よりも、老けてみられる原因となります。
手軽に目の下の気になる部分をカバーしたいのであれば、メイクをクマやしわが目立ちにくい方法へと変えてみてはいかがでしょう。
ベースメイクを変える事によって、肌トラブルをカバーできるだけでなく見た目年齢も若返るかもしれません。

しわやクマをベースメイクで隠す場合、ファンデーションはコンシーラーを駆使しましょう。
目の下のしわやクマ部分に塗る事で上手くカバーできます。
ただし、しっかり隠そうとしてファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまうと、肌の透明感が失われて余計に老けてみられるので注意が必要です。
また、目の下は乾燥しやすい部位なので、厚塗りしてしまうと化粧崩れも起こりやすくなります。

カバー力の高いファンデーションやコンシーラーをチョイスすれば、薄く塗ってもカバーできます。また、塗る範囲にもこだわる事が必要です。
特にコンシーラーは幅を広く塗ってしまうと、顔全体の厚塗り感が出てしまいます。
べったりとクマやしわが気になる部分に塗るのもNGです。

このようなメイクをしてしまうと、かえって目の下が目立ってしまいクマやしわに目が行きやすくなってしまいます。
コンシーラーはしわによって影が出来ている部分のみに塗るようにしましょう。
こうする事によって、化粧崩れも起こり難くなり、しかも不自然な印象にならずカバーできます。

ベースメイクだけに力を入れるのではなく、ポイントメイクにも注目してみましょう。
特にアイメイクは目の周りの気になる部分を上手くカバーしてくれます。
アイメイクをしっかり行う事によって、目の下部分から上まぶた部分への視線が集中します。
しわやクマから相手の視線をそらすといったメイクをプラスすれば、さらに目の下の気になる部分を上手くカバーできるでしょう。
メイクは女性であれば毎日行うものです。手軽に気になる部分をカバーしてコンプレックスを無くす事をおすすめします。

ベースメイクの道具は納得のいく良いものを選ぼう

目の下のしわやクマをベースメイクでカバーしたいという場合、化粧品などの道具は納得のいく良いものを選ぶ事がおすすめです。
納得のいく良い道具であれば、満足の行く仕上がりとなるでしょう。
ファンデーションやコンシーラーを選ぶ場合、まずは色味やトーンをチェックします。

クマをカバーしたい場合は、自分の肌トーンよりも暗めな色味のファンデーションやコンシーラーを選びましょう。
ついつい、自分の肌色よりも明るいファンデーションやコンシーラーを選んでしまいがちですが、明るめのものだとしっかりクマをカバーできません。
少し暗めの色味を選ぶ事によって、自然にクマをカバーできます。

暗めのファンデーション・コンシーラーを使うと老けて見られてしまうのではと感じるかもしれませんが、パールを配合したリキッドコンシーラーを重ねる事によって、自然な透明感を得る事が出来ます。
ちょうど、涙袋がある部位にリキッドコンシーラーを塗ってみましょう。

配合されたパールが光で反射して、自分の肌よりも暗めのファンデーションやコンシーラーを塗っても自然な仕上がりとなります。
また、パール配合のリキッドコンシーラーはクマだけでなく、しわを目立たなくする効果もある化粧品です。

しわをメイクでカバーしたい場合は、保湿成分を多く含むファンデーションやコンシーラーを選びましょう。
目の下は乾燥しやすいので、場合によってはファンデーションやコンシーラーがしわにめり込み、余計に目立ってしまうケースもあります。
保湿成分の多い化粧品を選択する事によって、目の下の乾燥を予防し結果、しわカバーにも繋がるという計算です。
口コミの確認やテスターなどを試してみて、これだという化粧品・道具を見つけ出してみましょう。